出会いパーティー攻略法|恋愛きっかけガイド

モテる男・モテる女の条件

ここでは、「モテる男・モテる女の条件」についてご紹介します。と言っても、異性の好みは人それぞれで、更に自分で思っている「タイプ」とは全然違う人に惹かれることもよくあることでしょう。

ここに書かれている事は恋愛きっかけガイド独自の調査に基づいたものですが、あくまでも一般論であり参考程度にしかならないかもしれません。しかし「一般論」というのは、世の中の多くの人はこう思っている、ということですので、自分に自信が持てなかったり、どういうふうに振舞えば良いか迷ったりした時の安心材料になれば良いかなと思います。

番外編 「こんな男・女は嫌!」 はこちら

モテる男の5ヶ条
モテる男
モテる女の5ヶ条
モテる女

モテる男の5ヶ条

清潔感がある

「キモイ」「生理的に受け付けない」など、恋愛テクニック云々以前に一蹴されてしまう人というのは、決して少なくありません。そしてその多くの要因は「不潔」というイメージにあると言えます。逆に言えば、例え多少顔が悪くても太っていても、清潔感があれば「生理的に…」などと言われることはまずありません。

  • 口臭・体臭などの臭い対策は大丈夫か?
  • 爪が伸びすぎていたり、汚れていたりしないか?
  • フケが落ちていないか?
  • 剃るべき髭はきちんと剃ってあるか?

など、女性と会う前には特に身だしなみに気をつかうことです。気を遣うことによって、自分に自信が持てる効果もあります。また、あまりに気を遣いすぎると「神経質そう」と敬遠されることもある(かもしれない)のでご注意を。

センスの良い服装

世の中の多くの男性は「男前がモテる」と思っているでしょう。しかし恋愛きっかけガイドの調査によると、多くの女性にとって「顔立ちが整っている」ことよりも「全体的にセンスが良い」「オシャレ」であることのほうが重要という結果がでました。顔立ちが多少不細工でも、何となくオシャレに見えることが大切であり、逆に言えば、顔がきれいでも服のセンスがない人とは一緒に歩きたくないというのが本音のようです。

この場合の「オシャレ」というのは、必ずしも良いブランドのものを着ていたり、目立つ恰好をしているということではありません。値段に関わらず自分に合った服を選ぶことが重要で、「自分なりのスタイルを持っている」ということに女性は好感を抱きがちなので(そのスタイルが桁外れに奇抜だと問題ですが…)、誰かに着せられたようなアルマーニよりも、こだわりのあるユニクロのほうが女性の目には魅力的に映るようです。

会話をしていて楽しい

「女性はお喋り好きなので聞き上手がモテる」という話をよく聞きますが、「話し上手な人が好き」という女性も少なくありません。要は「話していて楽しい」と思われることが重要なのです。

会話が苦手な男性も多いと思いますが、例えば女性が「今日はすごく緊張しちゃって」などと言ったときに、「緊張?」とそのセリフから一言取りあげて繰り返してみるだけでも、「そうなんです、だから朝から…」などと会話はつながったりするものです。 逆に自分が多く話す立場になって戸惑うこともあるでしょう。そういう時は、素直に「僕の話、つまらなくないですか?」と聞くのもいいかもしれません。話すのが苦手なのに一生懸命話してくれているのだなと相手に伝わりハードルも下がるし、逆に好感を持ってくれる場合だってあるかもしれません。ただし、あまり訊き過ぎると鬱陶しいのでこの質問は一回にとどめておきましょう。

気が遣える

大切に扱われて嫌な気がする女性は少ないです。先にドアを開けて通してあげるとか、ソファと椅子の2人掛けの席ではソファ席を譲るとか、そういう細かい行動を女性は見ているものです。

現代女性の多くはそのような扱いに慣れているので、優しそうに振舞っていながらソファ席に座ったりすると、「この優しさは今だけだな」とか「あんまり女性経験がないのかな」などと思われるでしょう。
しかし、あまりに「僕は紳士です」と言いたげなわざとらしい気遣いはNGです。優しくしてる自分に酔ってるナルシストだと思われかねません。あくまでも、さりげなく

ただ、もしもあなたが「女性に気を遣うなんて大の苦手だし、優しいなんて言われたくもない」というタイプであれば、無理に優しくする必要はないと思います。有無を言わさずソファ席に座る人に「男らしい」と心ときめく女性も少なからずいるからです。

お金をケチらない

まず理解しておくべきなのは、「お金持ち」であるのと「お金をケチらない」ということは全く違います。別に奢らなくても良いのです(「奢ってくれない」ことを不満に思う女性もいるかもしれませんが、そこは女性の器を見極めてください)。
だけど、たとえば割り勘する時に「じゃあ君は3365円ね」などと1円単位で割られたりすると、だいたいの女性は引きます。これは決してお金を惜しむわけではなく、その人に対して「神経質」とか「人間的に小さい」などという印象を抱くためです。

もしもあなたが「倹約」を美学に掲げている人間だとしても、初対面や数回しか会っていない女性の前ではその精神は封印したほうが無難です。もっと仲が深まってからならばその倹約精神も魅力として映るかもしれませんが、はじめのうちは投資のつもりで大らかな気持ちを持ってください。

ページトップへ

モテる女の5ヶ条

清潔感がある

男女共に、「清潔感」は必須項目と言えます。特に、男性に対して「少しくらいなら不潔でも男っぽくてイイ」と言う女性はいても、その逆は無いと思って間違いないでしょう。

  • 口臭・体臭などの臭い対策は大丈夫か?
  • 爪が伸びすぎていたり、汚れていたりしないか?
  • フケが落ちていないか?
  • ムダ毛の処理はきちんとしてあるか?

特にムダ毛に関しては、女性が思っている以上に男性は厳しい目を持っていると言えそうです。臭い対策としては、逆に「香水つけすぎだと引く」という意見も多く、注意が必要です(これは男性にも言えることですが)。しかし「女の子はイイ匂い」という幻想を抱く男性が多いのも事実なので、ほどよい香りは意識したほうが良いかもしれません。

気配りができる

大皿を取り分けたり、グラスが空いたらおかわりを訊いたり、喫煙者のそばに灰皿を置いたり、気配り上手な女性に惹かれる男性は圧倒的多数です。でもそれは、あくまでも「さりげなく」できる場合に限るようです。
「私って気が利くんです」とアピールしたいオーラが出ていると、逆に男性は引いてしまいます。気配りというのは普段からしていないと自然には出来ないものです。ここぞとばかりに力んでいるような優しさは相手にもわざとらしいと思われるので、出来ないならば無理にやらない方が無難かもしれません
あるいは、「本当は気が利くタイプじゃないんだけど」と正直に言った上で気遣う分には、多少のわざとらしさも可愛らしく映るかもしれません。

会話をしていて楽しい

これも男性と同じ項目ですが、女性に関しては「愚痴や他人の陰口を聞かされるとうんざりする」という意見が多いようです。自分の話ばかりでなく相手の話を聞くことはもちろん大切ですが、その際に「男性を立てる」ということを意識すると会話が盛り上がるかもしれません。

よく言われることですが「すごい」「さすが」という言葉を相槌ではさむと、男性は気持ちよく話をしてくれるようです。
また、相手の職業や趣味など得意分野のことについて「知りたい」「教えてください」という姿勢で接することによって、相手も言葉につまらず会話を運べるようになります。特に、世間話が苦手そうな男性に対してはそのように話題をふってあげると良いでしょう。

あとは、女性は男性に対して「クールさ」を求める場合もありますが、ほとんどの男性は女性に「笑顔」を求めています。自分の話に退屈していないか、楽しんでもらえているかを気にしているので、笑顔で相槌を打ってくれる相手に対しては安心して、「この子とは気が合うな」と思うようです。

節度のある服装

もしもあなたが本気でお付き合いする男性を探しているのなら、露出度の高い服装は避けた方が無難です。露出自体は歓迎、でも「あまりにイケイケな露出をしてる人は、本命の彼女候補からは避ける」というわがままな(笑)意見が多く、本当の意味でモテたいならば、ある程度節度のある服装を心がけた方が良さそうです

最低限の「品」を保つ

男性と友達のようにフランクに付き合いたいという女性は少なくありません。だけどあなたが男性と「フランクな恋愛関係」を築きたいと思うならば、最低限の「女性らしさ」を失うべきではありません
たとえば、大きな口を開けて豪快に笑うことを許してくれる男性でも、口を開けながらものを噛んだり(これは男性でも嫌ですが)、スカートなのに脚を開いて座ったりされると、「親しみやすい」を通り越して「女を捨ててる」と思われるのです。
線引きはとても難しいですが、ここが最重要ポイントです。微妙なニュアンスを掴んだ上で、「親しみやすい女性」を目指しましょう

ページトップへ